連載 第11回目 そこにAI(愛)はありますか AIに付加価値を!

AIスピーカーの良さについて、聞かれることがある

各社がこぞってAIスピーカーを販売して、検証のため試してみるが非常に

できが良いものがある OK 〇〇など、トリガーとなる言葉を認識すれば、

検索をしてくれる。AIスピーカーのメリットは何かと聞かれることがある。

私はいつもこのように答えている。

妻に〇〇お願いと頼み事をすると、

 結婚当初は、「はい、遅くまでご苦労様」「はい、体調に気をつけてね」とか

お願いしたこと以上の+α(アルファ)の愛情(あいじょう)がついてきました。

 あれから20年(実際に20年経過しました笑)

今、妻にお願いすると「はい、今いそがしいの私も」とか「はい、自活という言葉知っている」などの+α(アルファ)の苦情(くじょう)がついてきます。

 この+α(アルファ)の苦情がなかなか厄介で、ボクシングでいうボディブロウの

ように後からじわじわと効いてくるのです笑

 ですから、はじめから妻に聞くことはせず、AIスピーカーに聞くことにしています。

メリットは、聞いたことのみに返答をしてくれる。わからないことは、わからないといってくれる。改善点は、+α(アルファ)の愛情表現を組合せることができれば、

人間味のあるAIスピーカーになってくれる。そこにAI(愛)はあるのです。

 このブログを妻が見ないことを祈るばかり。そして、

講演依頼として「婚活と先端技術」というテーマをいただきましたが、そのネタにさせていただく予定です笑。開かれた研究開発機関を目指してお受けしました笑。

これこそ、機械学習ではなく機会学習なんです(笑)

 技術は人の手助けに。そこにAI(愛)はありますか

次回 第12回目 つづく